2017年3月24日 (金)

「THE NIPPON 」~桜と富士と温泉と~

4月の上旬にタイ人の友人が日本に遊びに来ます。
この友人、もう何度も日本に来ているんで、特に行きたい場所があるわけでも無く、すべておいらにお任せです。

さて、どこに連れて行こうか?
そろそろ考えなければ・・・。

滞在拠点は我が家。
ホテル代は、節約してあげましよう。



まずは桜から。
これは横浜でも東京でも、桜の名所はたくさんあるので、飽きるくらい案内出来るでしょう。
上野公園、目黒川沿い・・・。
この辺がメインかな?

桜で有名な公園もたくさんあるので、咲き具合で決めることにします。


満開の桜の下での宴会。
日本式の花見、気に行ってくれるでしょうか。

ただ東京は3月21日に開花宣言が出ました。
日本で一番早い開花宣言だそうです。
印象的にはちょっと早い感じもしますが、開花日は去年と同じなんだって。
そして早くも来週半ばには満開になるんだとか。

あまり早く満開になっちゃうと、友人が来る頃には葉桜になっちゃうかも・・・。
それはそれで寂しすぎる。


それと富士。
以前、箱根に連れて行った時に、富士山は見ています。
ただその時は秋だったんで、雪は被っていなかったんですよね。
やっぱり上部3分の1くらい雪を被った姿が最も美しい富士の景色だと思う。

見る場所によっても、その美しさは違います。


河口湖か、山中湖か・・・。
忍野八海から見る富士も見事だったなぁ~。
富士山をぐるっと一周してあげようか?
これは天気次第だな。

おいらは、御殿場あたりから見る、宝永山を抱えた富士の姿が一番好きなんだけどね。
横浜からも近いし。w

「御殿場プレミアムアウトレット」もあるから、暇もつぶせそうだしね。
なんかその辺で妥協してしまいそう。w


温泉もだよね。
今、一番力を入れて検討しているのがこれ。

おいら、草津に行ったことが無いので、草津にしようと思っていました。
日本を代表する温泉だしね。

ただ、富士を絡めるとなると、やっぱり伊豆方面になりそう・・・。


一口に伊豆って言っても、熱海だの修善寺だの長岡だの伊東だの・・・。
選択肢が多すぎです。

しかも宿泊は、ホテルよりも旅館で。
日本らしさを重要視しています。

だけど雰囲気のある旅館って、高級旅館ばかりで、結構高いんだよねぇ~。
奮発するか?妥協するか?
そこが目下の悩みの種です。



桜と富士と温泉。
この3点セットを満喫すること。
これは桜の季節だから出来る贅沢ですよね。


「これぞ日本!」

たった1週間程度の日本滞在で、すべて叶えてあげましょう。


友人の日本旅行にかこつけていますが・・・。
実は、おいらの方が楽しみだったりして。w



にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2017年3月22日 (水)

もう払わなくていいの?あとは貰うだけなの?~複雑すぎる年金の仕組み~

年金の仕組み、いまだに良く分からないことばかりで・・・。

おいらは現在58歳。
7月が誕生月なので、今年の7月で59歳になります。

来年は還暦・・・もうジジイです。w

年金は、会社員時代は厚生年金、会社を辞めてからは国民年金です。
会社を辞めて収入が無くなったので、年金保険料の支払い免除も受けられるはずなんですが、なんとなく払い続けています。

ところで国民年金の保険料の支払い義務は20歳から60歳までの40年間ですよね。
詳しくは、20歳の誕生月から60歳の誕生月の前月までの480ヶ月のはず。


と言うことは、おいらは今月まではすでに支払い済みなので、4月から来年6月までの15ヶ月分を納付すれば、支払い完了になるはずです。
そして、あとは65歳から支給を受けるだけ・・・。
(厚生年金の方は63歳から貰える予定。)


ずっと、そう思っていました。



遡って今年の1月のこと。

残り15ヶ月の支払い方法について、年金事務所に聞きに行きました。
2年前は、銀行引き落としで2年前納したので、今年もその手続きが必要なのかどうか。
それと、今年からクレジットカード払いで2年前納が出来るようになるって聞いていたので、出来れば銀行引き落としからクレジットカード払いに変更したかったからね。

でも、おいらの支払い期間は中途半端な15ヶ月。
1年前納にして、あとは月払いにするのかな?
その辺の確認も併せてね。

で、いろいろ聞いた結論は、残が15ヶ月でも2年前納は出来るらしい。
超過分は後で返還されるんだとか。
それならそれでいいかな。

一度銀行引き落としにすると申し出がないと、そのまま銀行引き落としが継続されるらしい。
聞きに行って良かったです。
その場で、銀行引き落としからクレジットカード払いに変更できました。




そして今。

先日、日本年金機構から、「国民年金保険料クレジットカード納付開始(変更)・額通知書」のはがきが届きました。

いくら支払うんだろう?
はがきの中身を確認したら・・・。


Dsc_5084_3

あれ?
金額がどこにも書かれていない?
どういうこと?

初回立替納付日 平成29年5月1日
納付対象月 平成29年4月ー平成30年6月
納付方法 2年前納

そうは書かれているのに、「クレジットカード納付による前納の保険料額等」の欄には何も書かれていません。

はがきの隅々まで目を通しても、説明書きはありません。

何らかの手掛かりを得たくて、久しぶりに年金ネットにログインしました。
年金ネットは、今まで支払った額や将来貰える年金の予定額などを確認できます。
会社を辞める前、将来受け取れる額を、何度もシミレーションしたのを思い出しました。

そして、いろいろ確認していたら、そこには衝撃の事実が・・・。
(ちょっと大袈裟かw)

なんと、すでに480ヶ月分が、支払い済みだったんです。
60歳になっていないのに、480ヶ月支払い済みなんて・・・。

そんなことあるの?
何かの間違い?


ではありません。

実はおいら・・・。

「高卒」だったんです。

それが何の関係があるの?
ですよね。

会社に入社したのが、18歳の時。
だから厚生年金は、18歳から加入していたんです。

20歳の2年前から厚生年金に入っていたら、60歳の2年前で40年間になります。
それが、今ってことです。

厚生年金と国民年金の加入期間を併せると、今月で480ヶ月の保険料を支払った。
だから、届いた通知に金額が書かれていないんだ!
そう解釈しました。

それにしても、良くもまあ長い期間払い続けたもんだ。
それもこれも厚生年金制度のおかげです。
自動徴収なので、あまり気にせずにいられたからね。

って、ことは・・・。
もう年金保険料は支払わなくていい。
そして、あとは貰うだけ。

その解釈、果たして正しいのでしょうか?

今度、年金事務所で確認してきます。
それにしても年金制度ってのは、やっぱり複雑です。



にほんブログ村

スポンサーリンク

スポンサーリンク

«成田⇒バンコク⇒羽田 航空券購入

フォト

スポンサーリンク


2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ